浅田やすおの掲げる政策

長年にわたり区の職員として教育問題に携わってきた経験を生かします。

子どもたちの取り巻く環境と生活を守るために頑張ります。

私のモットー、一生懸命、全力投球で以下の政策に取り組んでいきます。

育成室の充実と増設を目指します

昨年、駒本育成室が増設され文京区の育成室は24施設になりました。しかし、入室申請者も1000名を越える数にのぼり、依然、待機児童がいます。子どもの放課後を守る育成室の充実と増設は、私の地域活動の原点です。「希望するすべての子どもたちに学童保育を」「のびのびと豊かに放課後の生活がおくれる施設を」との思いで、区連協の活動にも10年以上参加してきました。文京区の子どもたちの為にも育成室父母の会の活動を応援し、区民参画の文京区政を実現します。

区立保育園の民営化をさせません

日本政府が批准している「子どもの権利条約」には、「子どもの最善の利益」が謳われていますが、経費削減の為に区立保育園を民営化するようなことをさせてはなりません。浅田やすおは、保護者の皆さんとともに、保育の質を守り公設公営方式を維持させます。文京区の待機児童をゼロにするために、子育て支援の政策を実現します。

学校給食の充実と民営化の凍結

浅田やすおは、“給食まつり”を主催し区民と一緒に子どもの健康と食生活の改善を実践してきました。子どもたちの食の安全は、学校給食法から求められています。長期に、どのような影響が出てくるか分からない食品や放射線照射食品は、遺伝子組み換え食品等安全性に不安のある食品はダメ。また、食の安全性に問題を抱える学校給食調理業務の民営化は、凍結すべきです。

区立小・中学校将来ビジョンは白紙から見直しを

文京区の学校統廃合計画は白紙から見直しすべきです。区は、「文京区立小・中学校将来ビジョン策定検討協議会」を設置しましたが、区民の声をきちんと反映させることが問われています。

区立第五中・七中統合校に関する検討が行われていますが、新大塚公園を兼用グランドとすることや、教育センターの敷地に統合校を建設しなければならないのか、区民の理解を未だに得られていません。

浅田やすおは、将来ビジョンの白紙からの見直しを求めています。

区立元町公園の保存・活用を

日本の歴史公園100選に選ばれ、都の名勝候補でもある元町公園が廃止の危機。

都市計画審議会が元町公園の廃止を差し戻したことにより、文京総合体育館建て替え地検討協議会が設置されました。

総合体育館(湯島4丁目)は現在地でも旧4中跡地でも建築が可能なことをようやく区が認めましたが、元町公園を文化財としての保存を認めたわけではありません。