2011年マニフェスト 浅田やすお

浅田やすおは約束します。
 

命を守る防災対策を!  

@区民の耐震改修工事費用の助成の大幅拡大します

 現在の耐震改修事業の指定地域を大幅に拡大し、災害に強いまちづくりを実現します。

 区民の耐震診断の助成事業を区内全域に対象を拡大します。

 

A福祉避難所の設置を設置します。

 介護を必要とする高齢者や障害者、妊婦や乳幼児には特別な配慮が必要です。

 国は、福祉避難所を設置して必要な介護サービスや医師の対応を行うべきとしています。

 文京区として災害前に福祉避難所を地域ごとに指定し、災害時の人材の確保も行うべきです。

 

B防災放送の改善と携帯電話のエリアメールを導入します

 災害時の情報伝達は重要です。防災放送の難聴地域の改善と、災害時に携帯電話に自動的に地震情報が送信できる携帯電話のエリアメールの導入を行います。

 国や都と連携し、災害時の携帯基地局の緊急電源の確保や衛星回線電話の確保を行います。

 

C避難所訓練と防災備蓄の充実をします。

 避難所運営協議会の活動の活性化のため支援を更に充実させます。

 防災備蓄を医療品や薬、食料、質量共に充実させます。

 

D消防団の活動への支援を充実させます

 災害時に地域で中心的に活躍する消防団の活動と加入促進の支援を積極的に行います。

 

E地震による落下、倒壊の恐れの広告物や建物の総点検を行います。

 

F原子力発電に依存にしない社会を目指します。

 

全ての子どもを支援します!
 
@保護者が安心して働き続けるために保育園・育成室の待機児をゼロにします。
本年4月の保育園入園児の応募状況では、426人が「待機児」です。安易な「待機児対策」でなく、抜本的に認可保育園の増設を実現します。育成室の定員40人を確保し、公的保育を継続します。
 
A子どもの保育環境を守るために、 東京都の保育所の設備・運営基準緩和に反対します。
 国の幼保一体化を含む「子ども・子育て新システム」こども園(仮称)構想に反対します。
 
B保育園での食環境を守ります。保育園給食で食物アレルギー対策のさらなる推進と“食育”の推進を行います。 保育園で給食の残菜やゴミ分別のリサイクル推進を行います。
 
C 出産前、出産後の育児不安の解消のために、小児保健指導を行います。
 
あたたかい文京区政の実現!

@高齢者・要援護者への地域での連携、協力体制の確立と地域のネットワークのづくりを行います。 24時間介護サービスが受けられる高齢者福祉の充実を行います。 元町公園・元町小学校を特養ホームとして活用します。
 
A障害者のグループホーム建設と就労支援事業の具体化を進めます。
 
B介護労働者の労働条件の改善を行います。
 
安心して住めるまちづくりの実現!
@高額な税金が投入され、」高層ビル建設ありきの再開発には反対!
 
A千駄木駅エレベーター設置にあわせて、歩道の電柱の埋設、バリアフリーへの歩道の整備を行います。
 
B大規模ビル建設の事前協議を必要とする「街づくり条例」の制定を目指します。
 
平和と環境を大切にします。

@脱原発のエネルギー政策を進め、命と自然を守ります。

A平和憲法を区政に活かします。
B東京大空襲の体験を聞く機会を設けるなど、平和教育を推進します。